ホーム製品検索 > SDCボルト

ステンレス鋼ボルトの弱点であった「かじり・焼付き」をSDC処理/SDCカラー処理をすることによって確実に防止します。 特に水道施設及び一般プラント向けに長く実績を頂いております。

材 質:SUS 304 及び XM-7 、SUS 316
規 格: ボルト JIS B 1180 ナット JIS B 1181

SDCボルトの特徴

日本水道協会検査合格品

ナットにSDC処理を施し、ステンレス鋼製ねじ部品締結時の焼付き固着を防止し、締付けの際に加えられるトルクに対して適正な軸力(締まり力) を確保できるように管理しております。また、乾燥状態で作業性がよくなっております。

SDCボルトシリーズ

SDC寸切全ねじボルト

材 質:SUS 304

日本水道協会検査合格品
ナットにSDC処理を施し、ステンレス鋼製ねじ部品締結時の焼付き固着を防止し、 締付けの際に加えられるトルクに対して適正な軸力(締まり力) を確保できるように管理しております。 また、乾燥状態で作業性がよくなっております。

SDCT頭ボルト

材 質:SUS 304

規 格: 日本ダクタイル鉄管協会規格JDPA G 1040に準ずる。

日本水道協会検査合格品
ダクタイル鋳鉄管の接合材として広く使用されているダクタイル鋳鉄製の酸 化皮膜T頭ボルトよりも優れた耐食性が得られます。 また、強度面において も引張強さは500N/mm2 以上であり問題なく使用できます。 ナットは SDC処理ナットと同様の効力のSDCカラーナットを使用しております。 近年では、耐震用継手管(NS)にもステンレス鋼製のT頭ボルトが使用されています。